プラセンタ商品の種類

 

20160613144004

 

プラセンタのサプリ

プラセンタを摂取する上で、最もポピュラーなのがサプリメントです。大抵はカプセリング済みで臭いも気になりません。
平均で一日2~3粒程度を飲むだけなので、ストレスもなく飲み続けることができますので、毎日継続するのも楽々です。通常購入の他にも定期購入的な買い方をできるプラセンタサプリも多く、日々のコストも抑えられてお手軽度は高いです。
ちなみに最安値の『つぶ5000』だと、一日たった65.3円です。毎日のむコーヒー一杯よりも安くアンチ・エイジングできます。

 

プラセンタのドリンク

ピーチやレモンなどが加味されており、通常の栄養ドリンク感覚でプラセンタを摂取することができます。
ドリンクタイプのプラセンタは体内での吸収率も高く、飲んだその日、プラセンタパワーを発揮したい方にオススメです。価格の感覚としてはコンビニなどで買える、通常の栄養ドリンク(リ○ビタンD)の良いやつと同じくらいの価格です。
豚由来プラセンタでもサプリメントと比べれば数段高価となるため、継続して飲むというよりは、ここぞいう時に頼りたいです。

 

プラセンタのゼリー

摂取しやすいというより、むしろ『美味しい』という印象のゼリータイプ。プラセンタ特有の獣臭もほぼ感じることはありません。
デザートを食べる感覚で、プラセンタを摂取できますので、女性にとってはかなり嬉しいプラセンタのカタチですね。

豚由来のプラセンタゼリーであれば、ドリンクより安く済みますので毎日食べても経済的(馬由来のプラセンタは高い)です。
ゼリーはスティック状になっているものが多く、チュルっと一口で食べやすい上、持ち運びにもかなり便利です。カロリーも低い。

 

プラセンタの副作用

副作用はないといわれていますが、過敏症などのアレルギー反応がでるなど、人によって合う合わないも出てくるようです。
プラセンタを摂取した効果で、代謝が上がったことによる多汗や一時的に吹き出物が増えることを経験している方もいます。ただ健康補助食品であれば、過度な心配はありません。

しかし少しでも安全性を確立しているプラセンタを選ぶのがベストですね。
またアレルギーの多い方は、プラセンタを飲み始める前に医師または薬剤師に相談することをオススメします。

 

プラセンタの通販

プラセンタを使った健康補助食品や化粧品は増えていますが、ドラッグストアへ行っても、じっくり選べる程の種類はありません。
おまけにパッケージだけでは、情報不足でどれを買って良いものか……、迷ってしまいますよね。そこで頼りたいのが通販!
製品の公式ページなら生産方法や原料などの細かい情報も確認できますので、プラセンタを買う時は絶対通販がオススメです。通販であればトライアルパックも購入できますし、気にいって継続する場合も定期購入なら安いです。通販でも大半が送料無料です。

 

プラセンタの購入の前に

プラセンタには価格や配合量等の違いがある他、合う合わないのもあります。一定期間飲んでみて効果がないなら、やめるべきです。
なので、はじめから大量に買い込むのではなく、数日間のトライアルパックから始めてみることをオススメいたします。トライアル版で効果を試し、効果を実感できてから、日々飲み始める量のプラセンタを購入しても遅くはないはずです。
当サイトで紹介しているプラセンタの大半がトライアル用のパッケージを用意していますので、まずは若返り効果をお試し下さい。

プラセンタの選び方

e4e03e082619ea013d496285cc6d5a15_s

 

豚・馬・羊などの原料の違い、サプリやドリンクに含まれる含有量や価格の違いと、選ぶのもひと苦労ですよね。選ぶ基準はかなり多いと思いますが、哺乳類動物の胎盤が原料となりますので、第一に考えて頂きたいのが安全性です。
万全の感染症対策を行っていれば、感染症の可能性は限りなくゼロに近いです。それでも、ゼロではありません。万が一のためにも、原産地や製造方法を少しでも具体的に発表している信頼感の高いプラセンタを選びたいです。

 

種類ごとに信頼性で選ぶ

■豚由来のプラセンタ
感染や汚染のない認定を受けたSPF豚という豚を原料にした国産プラセンタを選びたい。国産以外なら家畜管理制度が厳しいデンマーク産。

■馬由来のプラセンタ
国産以外は少なく、大半が国内(北海道)のサラブレッドの胎盤が原料。そのため安全性の信頼度は高いですが、その分価格も高いです。

■羊由来のプラセンタ
羊は、牛と同じ偶蹄類です。そのため国産よりも、BSEの発症が無いニュージーランド産の方が安全面では優位で主流となっています。

 

豚由来のプラセンタ

プラセンタの製品に使われる胎盤で最も多いのが豚由来のプラセンタです。価格的にも安価で多くの人が手軽に摂取しています。
豚プラセンタの中でも特に安全性が高いとされるのが、SPF認定の豚。SPF豚とは感染や汚染のないオーガニックな豚をいいます。
そのため安全性も上がります。価格も通常の豚プラセンタとそう変わりないので、できるだけSPF認定の豚を選びたいです。
また国産以外だと、世界の中でも家畜に対して、特に厳しい安全基準を設けているデンマーク産の豚プラセンタをオススメします。

 

豚由来のプラセンタの長所・短所

〇1 安価で買いやすく継続しやすい
〇2 国産やデンマーク産など原産地の安全性が高い
〇3 サプリ、ゼリー、ドリンクと摂取方法が多彩にある
×1 美容成分が他の動物に劣る
×2 獣臭がする(基本的には対策されているのがほとんど)

 

選ぶならデンマーク産か純国産!

副作用がないといわれるプラセンタですが豚の胎盤が原材料となりますので、飼育環境などはやはり気になりますよね?安全性が高いのは、やはり純国産か、デンマーク産の豚を原材料とした商品ですね。
ちなみにデンマーク産は、国が徹底して家畜の品質管理を義務付けていて、国産のプラセンタにおとらない、安全性があるといえます。
しかも、国産のプラセンタに比べて、価格が安く、ずっとプラセンタを手軽に飲んでいきたいという方に人気が高いです。

 

馬由来のプラセンタ

豚由来のプラセンタよりも約296倍ものアミノ酸を含み少量でも美容効果が高いとされるのが、馬由来のプラセンタです。製品になっているプラセンタの原産の多くが日本・北海道。厳選された希少なサラブレッドから採取された胎盤のため高価なのが一般的。
サプリメントのトライアルでは、5日間で効果を出すものもあり、その豊富な栄養から美容や健康面での即効性には定評があります。
ただ豊富な栄養分に加え希少な馬プラセンタなので、日々の費用が300円以上掛ってしまうプラセンタ製品が多いです。

 

馬由来のプラセンタの長所・短所

〇1 栄養分を豊富に含んでいる(特にアミノ酸)
〇2 効果が早く実感しやすい
〇3 国産がほとんどで安心感も◎
×1 価格が高く日々の費用が高くつく

 

豚か馬、どっちがいいの?

どちらにも良い部分がありますので一概にはいえませんが、プラセンタを飲むことによって、美肌や健康面で良い効果を感じるのであれば、お得な豚プラセンタで、十分だと思います。
効果が強すぎるプラセンタの場合、薬を飲まなくなった時、逆に効果が無くなった反動が大変に感じるかもしれません。
疲れを感じにくくなった、元気になった、お肌の調子が良くなったなど、豚由来のプラセンタでも、十分に感じられる方もたくさんいます。
なので、お財布に優しく、無理なく続けたいという方は豚プラセンタから、始めてみると良いかもしれませんね。またしっかりと効果を実感したいという方は、豚由来のプラセンタより、豊富な栄養分を含む、馬プラセンタをおすすめします。

 

羊由来のプラセンタ

馬・豚由来のプラセンタと比べ、製品の数が非常に少ないのが羊由来のプラセンタです。希少のため価格も高価です。日本でも一時期話題となったBSEの影響から、牛と同様に国産の羊由来のプラセンタもなく、原産国はニュージランドが多いです。
なぜかというと、ニュージーランドではBSEの発症がありません。クリーンな環境で育てられているので安全性も高いというわけです。羊プラセンタ自体は豊富に有効成分を含み、その上人体への適応性にも優れていますので、高級思考のユーザーに人気があります。

 

羊由来のプラセンタの長所・短所

〇1 人体への適応性にも優れている
〇2 有効成分を豊富に含む
〇3 エステや美容クリニックでも売っている
×1 製品の数が少ない
×2 希少で高価

 

プラセンタの濃度について

よくプラセンタ何千mg配合みたいなキャッチコピーをみませんか? 逆に数百mgしか入っていないものもありますよね。
プラセンタ原液というのは約85%が水分だと言われており、原末の場合はその水分や不純物を取り除いたものです。
なので数百mgしか含有量がなくても濃縮したプラセンタ原末であれば、何千mgと書いてあるプラセンタにも劣りません。
ただ配合しているプラセンタの量が多ければ良いという訳ではないので、『濃度』や『原末』の部分も、ぜひ注目して下さいね。

 

プラセンタとは?

m20150119

 

私たち人間も含めて哺乳類動物の胎児が、子宮内で成長するために必要な『胎盤』のことをプラセンタと言います。
子宮内の胎児は、胎盤から送り込まれる新しい細胞を作り出す働き成分『成長因子』により、細胞分裂を繰り返します。その細胞分裂に欠かせない『成長因子』を作り出せるプラセンタの能力が、美容や健康の為に活用されています。
豚・馬・羊から採取されたプラセンタを手軽に摂取できる日々のエイジングケアとして、サプリメントやドリンクなどが人気です。

 

プラセンタの代表的な効果

■プラセンタ・パワー 1
疲労を回復して疲れにくい。元気になる。

■プラセンタ・パワー 2
お肌にハリが生まれるほか、若々しく見える

■プラセンタ・パワー 3
自律神経を整え、ストレスなども緩和。

■プラセンタ・パワー 4
生理痛や生理不順の改善

 

プラセンタが含む成長因子の主な働き

EGF
〔上皮細胞増殖因子〕     新陳代謝促進 皮膚・肺・角膜・気管上皮細胞などの増殖
FGF
〔繊維芽細胞増殖因子〕     ヒト線維芽・グリア・血管内皮細胞を増殖、ニキビ等の解消
NGF
〔神経細胞増殖因子〕    神経細胞の増殖、自立神経を整える
IGF
〔インシュリン様成長因〕     インスリン様効果、破損した細胞の再生
HGF
〔肝細胞増殖因子〕     肝臓病の改善肝実質細胞の増殖や組織、臓器の再生と保護

 

プラセンタの種類について

何のプラセンタなのか知りつつ美容や健康に役立てていますか?プラセンタは哺乳動物の胎盤。使われる動物にも種類があります。
主流となるのが豚や馬、羊などになります。豚由来のプラセンタを使用した製品は、比較的手頃な価格なので人気が高いです。
逆に馬や羊のプラセンタ製品は数が少なく、価格も割高。その分、豚プラセンタよりは美容成分が豊富でより早い効果が得られます。
急ぎではなく、毎日のアンチ・エイジングケアと考えるなら手頃な値段で手に入る、豚プラセンタでも十分という方が多いです。

 

プラセンタの効果

プラセンタは美容効果だけって思ってませんか? 成長因子の他、アミノ酸など豊富な有効成分を含みもちろん美容効果は高いです。
でも、それだけじゃないです!! 日々の身体の疲れがとれない、メンタル面の疲労、生理不順が続くなど、多くの悩みも解消できます。なのでカラダの内部から、本当の意味での若返り、そして健康美を手に入れることができるんです。
トライアル版は5日~15日を効果の目安としている製品が多いです。つまり、その短い期間でも一定の効果、実感は得られるはずです。

 

高価なプラセンタの効果について

馬や羊のプラセンタは希少なため価格も豚由来に比べて高いです。その分美容への効果や安全性には期待感があります。
しかし、毎日継続して使い続けてこそ効果は実感できますので、ご自分の予算の都合に合わせたプラセンタを選ぶのがベストです。
ちなみに馬由来のサプリメントでは、最短5日間でアンチ・エイジング効果を実感できるプラセンタもあります。
デートなどのイベントごとが差し迫り、お急ぎの方は多少高価でも、効果が早く短期集中型の馬由来のプラセンタをお勧めします。

 

プラセンタ注射との違い

美容外科クリニックなどでプラセンタ注射を受けることができます。健康補助食品とは違い、人の胎盤から抽出したものを使います。美容をはじめ様々な目的で効果を発揮しますが、感染リスクを防ぐためにプラセンタ注射を打つと当面の間、献血ができなくなります。
また一般的に副作用はないとされていますが、アレルギー反応を起こさないとは限りませんし、拒否反応の可能性も否定できません。価格も一回数千円と高く、ある程度リスクを覚悟する必要があります。そういった意味でも健康補助食品のプラセンタは優れていますね。

プラセンタを色々な角度から比較

c5ea6bcc1189b151eedff93276b408a4_s

 

プラセンタの価格で比較

価格が高いプラセンタほどイイと思っていませんか? 価格が高くないプラセンタでも、十分に健康や美容効果を得ることもできます。
大事なのは自分に合っているかどうかです。

一度試してから、本格的にプラセンタを飲み始めても遅くはありません。現在は多くのプラセンタの商品で、価格の安いお試し用がありますので、まずは体験価格で試してみるのがオススメです。

 

毎日のコストで比較

毎日高い費用が掛り、経済的にキツイと思っていませんか? 実は 1日に必要な量をたった65円で摂取することもできまが、プラセンタは豚や馬、羊の胎盤からできていますので、高級品には変わりありません。高価なものだと1日1000円以上……。
プラセンタの効果はずっと持続するわけではありありませんので、健康的な美しさを継続させる為にやはり日々の習慣とするのが理想。
その為には『経済的にムリの無いプラセンタ』を選ぶことをオススメします。ここでは1日に掛る費用で比較しています。

 

プラセンタの質で比較

プラセンタは馬や羊、豚など、種類によって含まれる美容成分が異なります。特に馬由来のプラセンタは豊富にアミノ酸を含んでいます。
また羊プラセンタは、人体への適応性に優れています。豚プラセンタも汚染・感染のないSPF認定の豚を原料としているものもあります。
美容や健康への効果で考えると、馬 >羊 >豚となります。そのため豚と馬では馬由来のプラセンタの方が高価になります。
またプラセンタの濃度にも違いがあり原液より原末の方が同じ量でも濃いため、ただ含有量が少ないからダメという訳でもありません。

 

安全面で比較

プラセンタを製品にする際に、滅菌処理で各社も万全の感染症対策を講じていますが、100%感染症がないとは言い切れません 。安全性を重視するのであれば、生産地や生産状況を少しでも具体的に公開しているメーカーのプラセンタを飲むのがオススメです。
また同じ国産豚のプラセンタを使用している場合でも、感染・汚染がないことを認定されているSPF豚などもあります。
生産地では、BSEの発症がない国のニュージーランド、家畜管理制度の厳しいデンマークも、国産に並び安全性は高いと言えます。

 

飲みやすさで比較

プラセンタ自体は特有の獣臭がありますが、各社の工夫で特に臭いや味を気にすることなく摂取することができます。
それでも毎日飲み続けるのは楽ではないですよね? なので、できるだけ飲みやすいモノを選ぶことが継続のポイントとなります。

日々飲み続けてやすいのは、やはりカプセルです。一日1粒で良いタイプもあり自分の好きなタイミングで飲むことができます。
またゼリーのデザート感覚で美味しく食べれるプラセンタもありますが、自分にあった継続できそうなタイプを選びましょう。

 

プラセンタの効果を知る

4fe233fa3c96abd6a8005cc3fe5249cf_s

 

プラセンタの効果として挙げられるのが
・寝起きが良くなる
・生理不順が改善する
・生理不順が改善することで、肌荒れしにくいお肌
・元気ができる
・体が疲れを感じにくくなる
・精神を安定させる
・基礎代謝がUPする
などなど、様々な作用がありますが、肌荒れの改善を目的にプラセンタのサプリを飲む方が多いですよね。
またサプリ以外でも、プラセンタを配合した化粧品などもあり、『肌荒れにはプラセンタ』というのは、もはや定番かもしれませんね。

 

プラセンタ(胎盤)に含まれる、主な栄養素は

・アミノ酸 ・活性ペプチド ・たんぱく質 ・脂質・脂肪酸

・糖質・ムコ多糖体 ・ビタミン ・ミネラル ・核酸 ・酵素

などなど、受精卵を育てる胎盤ですので、免疫細胞の増殖に作用する栄養素を豊富に含んでいますよね。
その栄養成分を豊富に含んだプラセンタが、お肌や体質の改善を、力強くサポートしてくれます。
プラセンタの効果は、肌荒れ改善のみの効果が注目されがちですが、それ以外にも、生活を健康的にする効果も発揮してくれることをお忘れなく。

 

安心感のあるプラセンタはどれ?

健康補助食品、サプリメントではヒト由来のプラセンタはなく、販売されているプラセンタは、ほとんどが豚か馬になります。国内生産されているものであれば、徹底した衛生管理、殺菌処理が施されますので、基本的に安心してプラセンタを飲むことができるはずです。
国産以外に海外産もあり、中には非常に怪しいプラセンタも売っていますので、要注意です。
安全性で選ぶのであれば、まず国内産のプラセンタを購入することをおすすめ致します。

 

胎盤を取り出す動物飼育環境

プラセンタに使われる胎盤は馬か豚が主流です。
プラセンタに使われる豚や馬は、国内で育てられているという、高品質なプラセンタも少なくありません。
馬プラセンタの場合、安全性、効果が高く高品質ですがサプリメントでも、その分高価になりますので、効果には満足だけど、日々飲み続けるためのお金が厳しいという方も多いですよね。

 

プラセンタの体験レポート

プラセンタサプリといっても、様々な商品がありますが、けっこうお試しができる商品が多いので、管理人も、何度となくプラセンタを試しています。
お試し用なら、価格も安く抑えられるので、おすすめです。
商品によって違いはありますが、プラセンタを飲んでみて、共通していえるのが、肌荒れが治るということと、寝起きがスッキリしているということです。逆にプラセンタを飲むのを中止してしまうと、飲んでいる間、寝起きが良かった分、寝起きが悪くなり、朝がだるく感じることもありましたね。

 

馬と豚で効果の違い

馬プラセンタは、豚よりもはるかに効果というイメージで、管理人もサプリを飲んでみたのですが、価格程の差があったのか?という点については、疑問です。
ずっとプラセンタを飲み続けていたので、肌荒れがなかったし、ただ管理人が効果を感じにくい状況だっただけかもしれませんが。管理人の感想としては、馬でも豚でも、毎日しっかりと飲めば、健康的にいられると思います。
ただ実際に馬プラセンタの方が豚よりも、豊富に栄養素を含んでいるのは間違いありませんので、はじめから、しっかりと効果を感じたい方は馬をおすすめします。

プラセンタは副作用ってあるの?

1

 

健康補助食品で摂取するプラセンタは副作用がないとはいわれていますが、豚や馬、羊などの動物の胎盤が原材料となりますので、気になりますよね。

管理人の体験談としては、代謝がUPしたり、肌の調子が良くなったり、寝起きが良くなったりとプラセンタの効果は感じましたが、副作用はまったくありませんでした。
人によっては合わない方もいて、プラセンタを飲んだことで、代謝が上がりすぎ、多汗な体質に一時的に変化したり、稀にアレルギーで痒みや発疹がでたり、吹き出物ができる方もいるそうです。

なのでアレルギーの多い方、妊婦さんや授乳中の方はプラセンタを飲み始める前に、医師または薬剤師に相談することをオススメします。

ちなみにプラセンタはサプリメントだけではありません。プラセンタ注射もあり、プラセンタ注射をすると感染症などを未然に防ぐため、献血をすることができなくなります。
注射の方がもちろん料金も高くなりますし、手軽にかつ安全にプラセンタを取り入れるならサプリメントがおすすめです。

 

プラセンタに使われる動物の安全性

サプリに使われるプラセンタの原材料となる胎盤は、人間ではなく、馬や豚などの動物の胎盤が使われています。
一昔前に狂牛病が流行したこともあり、牛の胎盤を使用したプラセンタサプリメントは、ほぼなくなりました。
現在販売されているプラセンタのほとんどが『馬』か『豚』ですので、狂牛病の副作用の心配はありません。

プラセンタには動物の違い以外にも、国産、外国産があります。

信頼性があるのは、やはり国産のプラセンタですね。徹底した衛生管理のもとプラセンタが作られていますので、安全性を求めるなら、間違いなく国産です。

 

プラセンタ注射の副作用は?

サプリメントと同様に大きな副作用の報告はありません。なので、基本的には安心してプラセンタ注射をクリニックなどで、
受けることができます。
副作用はありませんが、注射をした際に注射した部分が赤く腫れたり、堅くなったりすることもあります。

また感染症を防ぐために、献血ができなくなるなどの、デメリットもありますので、より安全にプラセンタを使いたいなら、サプリメントの方が断然おすすめです。

プラセンタの摂取量を有効成分から考える

img35

 

お肌に潤いとハリがもどったり、更年期の体調不良を改善したりと、アンチエイジングや更年期で悩んでいる女性にプラセンタはたいへん人気です。

しかし、それらの効果を期待するには、
・プラセンタサプリを1日にどれぐらい摂取すれば良いの?
・プラセンタの各メーカーが公表している、どの数値を参考にすると良いの?
・いつ、どのように飲めば良いの?
・副作用はないの?
などの疑問をお持ちの方も多いのではないでしょうか?

そこで、プラセンタに興味がある方や既に摂取されている方にも、プラセンタの疑問を分かりやすく説明したいと思います。

1日の摂取量について、有効成分からまとめてみました。

 

 

プラセンタの基本的な知識について

 

摂取量を考える前に、まずは基本的な表現の意味を覚えてください。

プラセンタとは「ほ乳類」の胎盤のことで、この胎盤に含まれている有効成分を抽出すると「プラセンタエキス」が得られます。
「プラセンタエキス」の水分を乾燥させて、プラセンタ100%の粉末を作ります。

プラセンタ100%の粉末のことを、「プラセンタエキス純末(または原末)」と呼んでいます。

水分を飛ばしたプラセンタエキスには、活性ペプチド、成長因子などの有用なアミノ酸が含まれているのです。
乾燥前の液体の「プラセンタエキス」は、「プラセンタ原液」とも表現されることもあります。

プラセンタには、まだ統一基準がないので、各社がいろんな表現をしていますが、良く使用される表現は、上記の通りです。

注意することは、プラセンタエキスの内容です。
エキスの濃度には基準がないため、薄くも濃くも調整できるのです。
だから、エキスの何倍濃縮とか言う表現だけでは、有効成分の含有量の判断は困難なのです。

 

ヒトのプラセンタは、主に医療機関で利用されており市販されていません。
市販されているプラセンタサプリメントの商品は、主に馬と豚由来のプラセンタから抽出されたものを使用しています。

 

ネットなどで一般に市販されている豚や馬由来のプラセンタサプリを比較すると、各社様々な方法で抽出されていたり、多様な美容成分が配合されていたりと単純に効果を比較することは困難なようです
そして、プラセンタサプリの成分量の表記には厳密な基準がないために、ますます混乱するのです。

そこで、ここではサプリメントに含まれているプラセンタの純粋な含有量に着目し、プラセンタサプリの選別がし易いように、各項目ごとに説明したいと思います。

 

 

プラセンタの有効成分とは

 

ほ乳類のプラセンタ(胎盤)には、女性に必要な2種類の有効成分が含まれています。
そもそも、プラセンタは胎児を育てるために必要な酸素や栄養成分を供給する大切な臓器だからです。

 

プラセンタの有効成分とは、栄養成分と成長因子です。

〇栄養成分
アミノ酸、活性ペプチド、たんぱく質、脂質・脂肪酸、糖質、ムコ多糖体、核酸、酵素、ビタミン、ミネラル

〇成長因子
グロースファクター(GS)と言われる因子で、プラセンタ独特の成分です。
組織の中の幹細胞の働きを助けて、新しい細胞の増殖を促すため、アンチエイジングには欠かせない成分です。

 

これらの有効成分は、エキスの抽出工程と濃縮工程での酸や加熱で分解されやすいので、各メーカーによってエキスの濃度や含まれる有効成分の種類・量に差が見られます。

このことは、各社の商品を比較する上で重要なポイントですが、単純に効果を比較するためにはプラセンタエキス純末の配合量がひとつの目安となります。
(そのメーカーが推奨する粒数で、1日当たりプラセンタエキス純末を何mg摂取できるかです)

プラセンタエキス純末に、デキストリンやアミノ酸を配合して薄めたものを、プラセンタエキス原末と表現されることもあります。

 

 

プラセンタの1日の摂取量は、プラセンタエキス純末として100mg以上

 

摂取量については、商品に表記されている「プラセンタエキス純末」の量で判断します。

例えば、1日当たり2粒が推奨の場合、1粒にプラセンタエキス純末が70mg含まれていると、1日2粒では140mgの摂取量となります。

 

プラセンタのWEBサイトでは、1日の摂取量は300~500mgとか、1000mg以上摂取しても問題はないとかの表記がありますが、その根拠の説明は見当たりません。

メーカーの判断の基準は、独自に(あるいは医療機関と共同で)行ったモニターテストでの結果を参考にした事例が多いようです。
つまり、モニターが美容や健康面で何らかの体感が得られた量が摂取量の目安で、逆に増やしていくと肌が荒れたり眠れなかったりするときの量が上限と判断されているようです。

 

経口摂取での摂取量について、日本健康・栄養食品協会(JHFA)の情報が信頼されています。
この協会は、健康食品の安全・安心に基づく基準を公開しており、この基準を満たす商品のパッケージにはJHFAの認定マークの印刷が許可されています。

JHFAが公開している1日のプラセンタの摂取量の目安は、プラセンタエキス純末として100mg以上となっています。(上限については明記されていません)

協会員の各企業のデータを基に、大学などの研究機関の意見を集約して判断した数値です。

このように、プラセンタエキス純末として100mgの摂取が基本となります。

 

 

まとめ

 

プラセンタの効果を期待する場合は、その商品の1日の摂取量の目安がプラセンタエキス純末で100mg以上であることが判断の基本です。

エキスの抽出方法や乾燥方法など独自の方法を駆使していますが、有効成分の種類や含有量をきちんと分析・表示しているかも判断の目安になります。

商品によっては、様々な美容成分を配合している例がありますが、まずはプラセンタエキス純末の含有量がきちっと表記されているか見てみましょう。

 

 

プラセンタサプリメントの効果を美容効果以外も調べてみました

img34

 

 

プラセンタには、重要な栄養素が含まれています。

・アミノ酸やたんぱく質、脂質など、身体を構成する大切な栄養素
・ビタミン、ミネラル、核酸、酵素など、身体を正常に働かせるための生理活性成分
・プラセンタの特徴である成長因子、細胞の増殖や新陳代謝を助ける栄養素

豚や馬のプラセンタから栄養成分を抽出したプラセンタエキスを使用して、サプリメントで手軽に摂取できるようになると、いろいろな効果や効能があることが分かってきました。
これまでに分かってきたことを、まとめてみました。

 

 

プラセンタサプリメントの効果

 

医療機関でヒトプラセンタを使用して受ける治療は、即効性があってすぐに効果が現れます。
しかし、サプリメントの場合は即効性はありませんが、長期間継続して飲むことによって、ある程度の効果は得られます。

そして、豚由来でも馬由来でも、純末換算で推奨量を摂取し続けると、ヒト由来のプラセンタのような効果も得られるようです。

 

サプリメントで得られる効果をまとめてみます。

1.肌のターンオーバーを正常化する

プラセンタにはアミノ酸や成長因子が含まれるため、お肌の新陳代謝を助けます。(ターンオーバーを正常化させます)

2.肌のハリやツヤが良くなる

プラセンタに含まれる成長因子FGF(線維芽細胞因子)が、肌の壊れた細胞を修復します。また、成長因子EGF(上皮細胞増殖因子)が肌の細胞の増殖を促し、結果として肌のハリやツヤが良くなります。

3.活性酸素を除去して老化を防止する

プラセンタには、強い抗酸化力をもつ活性酸素消去酵素(SOD:スーパーオキシドディスムターゼ)が存在しています。
このSODが老化の原因である活性酸素を抑制するのです。

4.疲労回復

プラセンタに含まれる必須アミノ酸、ビタミン類、ミネラル、糖質が、疲労回復に役立ちます。
また、身体の代謝機能を改善するので、肝臓の働きを助ける効果もあります。

5.薬理効果

更年期障害や自律神経失調症の改善に効果があります。
医療機関での臨床テストでは有効率が78~81%という高い結果が出ています。

 

その他、上記の更年期障害や自律神経失調症以外に、臨床テストで改善効果が確認された症状をあげると、以下の通りです。

1) 胃潰瘍
2) 肝臓病
3) 腰痛
4) 膝関節症
5) リウマチ
6) 神経痛
7) 高血圧
8) 慢性腎炎
9) アトピー性皮膚炎
10) 疲労回復

 

プラセンタサプリメントを継続して摂取していれば、上記の症状改善効果も期待できます。

 

 

その他の諸症状の改善効果

 

閉経後に女性ホルモンの分泌が減り、体調や精神が不安定になった時に、プラセンタの摂取で症状を緩和させることができることから、プラセンタは一種のホルモンだと誤解している人がいます。

そうではなくて、プラセンタは身体に必要なホルモンを作り出す器官に作用することができるからです。
そのため、ホルモンバランスが壊れて身体に不調をきたした人には有効です。

しかし、ホルモンを作る能力を失ってしまった方には、全く効果が現れません。

 

改善される作用

 

血行促進
毛細血管の血液循環を促進し、血流を増加させる。

抗炎症作用
紫外線による炎症や火傷の炎症を抑え、組織の修復を行う。
体内の炎症や潰瘍にも作用します。

肉芽形成促進作用
火傷、傷、潰瘍、炎症の回復を早める。

血液凝固抑制作用
血液をサラサラにする。

鎮痛作用
痛みを抑える。

内分泌調整作用
ホルモンバランスを調整する。

 

 

アンチエイジング効果

 

老化は誰も避けて通れません。
しかし、老化のスピードには個人差があります。

そして、老化の原因となる活性酸素の生成、全身の細胞が働き続けるために必要なヒト成長ホルモンの減少などは、老化の大敵です。

プラセンタには、活性酸素を消去する酵素(SOD)とヒト成長ホルモンの働きと関わりのある成長因子が含まれています。
この成長因子が含まれている唯一の臓器がプラセンタなのです。

このことこそ、プラセンタがアンチエイジングに効果のある理由です。

そして幸いにも、プラセンタには重篤な副作用がありません。
ただ、たんぱく質にアレルギーのある方は注意が必要で、医師との相談をお薦めします。

 

 

 

まとめ

アンチエイジングの対策を考えておられる方、他の方法ではうまくいかなかった方、若々しい肌を取り戻したい方は、一度検討されてみることをお薦めします。

 

 

プラセンタサプリメントの摂取量と正しい摂取時間を考える

img32

 

サプリメントとしてプラセンタを摂取する時、プラセンタの1日の摂取量の目安はどれぐらいなのか気になるところです。

また、表示されているプラセンタの含有量の表示は、どのメーカーの商品も同じ基準なのでしょうか。
こういったところも、商品の選別に必要な知識で、事前に確認しておきたいところです。

では、プラセンタの適切な摂取量やサプリメントの正しい選び方をまとめてみました。

 

 

プラセンタの業界の基準について

 

1日の摂取量を考える時に、プラセンタエキス(原液とも呼びます)の純度の知識も必要です。
各メーカーで独自の抽出方法で得られたプラセンタエキスは、水分も混ざっている状態です。

ということは、プラセンタエキスの中のプラセンタの濃度は、各社で異なっているのです。
つまり、プラセンタの原液を多く添加している商品でも、元の原液の濃度が低ければ、効果は期待できません。

商品への原液の添加量と、その原液のプラセンタ濃度を考慮して、実際に含まれているプラセンタの量を算出します。

プラセンタの表示方法は、プラセンタの固形分の重さ(mg:ミリグラム)で記載します。何も他の成分を含まないプラセンタエキスの場合は、水分を除いた固形分を「プラセンタエキス純末」と表現します。

商品に含まれるプラセンタの原料(由来動物)とプラセンタエキス純末の量で比較すると、各社の商品のレベルが判断できます。

プラセンタ業界が推奨する1日の摂取量は、プラセンタエキス純末で100mgです。

水を含むプラセンタエキス原液の添加量の表示だけでは、実際のプラセンタエキス純末の量は分かりません。純末の量を計算して比較します。

 

 

摂取量と栄養価

 

プラセンタは栄養の宝庫と呼ばれるため、プラセンタを摂りすぎるとカロリーが高いので肥えるのではという不安もあります。

しかし、プラセンタ自体のカロリーは低く、低カロリーをうたったサプリメントも発売されています。購入前に記載された栄養成分の表示で確認できます。(平均的には、1日分のサプリメントでは10kcal程度です。

また、ドリンクでも添加されている甘味料を加えても、1本当たり10kcal前後です。)

プラセンタに含まれる成長因子の作用で、各組織の細胞を増殖させる働きがあるため、肥えやすくなるのではという心配もあるようです。

しかし、体重が増えて太るというレベルではありません。

むしろ、新陳代謝を活発にするので、運動をすることによって体脂肪を減らす効果もあるようです。しかし、体調が良くなると食欲が増す方もいるようです。
運動をしないで食欲が増すと、太ってしまうことになります。この場合は、プラセンタの摂取量を減らして調節してください。

プラセンタにはホルモンは含まれていません。胎盤の成分ということから、ピルと同じような成分を含んでいるので太りやすいのでは、という誤解があるようです。
つまり、ピルに含まれている卵胞ホルモンや黄体ホルモンも含まれており、ピルと同じような副作用があると誤解されているためです。

ピルのホルモンは含まれていないので、同じ副作用は起こりません。

 

 

摂取時間と期間

 

img33

 

プラセンタサプリメントの摂取期間は、できれば3ヶ月程度継続する必要があります。効果が現れたら、摂取量を少し減らして継続することをお薦めします。

プラセンタサプリを摂取し始めると、成長因子の作用で身体の機能が正常化されてきますので、生理の時期が早まったり出血量が多くなることがあります。

また、人によっては軟便などが起こることもあるそうです。
しかし、これらは摂取を続けていくうちに自然と収まっていきます。

 

これまでの副作用の事例では、

1)アレルギー性皮膚炎の発症

アトピー性皮膚炎や小児喘息の経験のある成人が、プラセンタサプリメントを摂取してから湿疹(しっしん)を発症しました。検査の結果、スクラッチテストでも陽性になり、成人型アトピー性皮膚炎と診断されたそうです。

 

2)アレルギー反応

プラセンタにはたんぱく質やアミノ酸が豊富に含まれています。一般の食品と同じように、アレルギー反応が出る方もいるようです。アレルギー体質の方は、原材料の確認と医師の指導を受けるようにしてください。

 

3)薬剤性肝障害

プラセンタの摂取により体の機能が正常化されていくので、様々な好転反応が起こりやすくなります。他の薬の服用で肝機能が弱っている場合など、肝障害が起こることもあります。
この場合は、医師に相談する必要があります。

 

プラセンタサプリメントを飲む時間ですが、食後で胃に胃酸が多く出ている時は避けて、食後の胃酸の少ない空腹時に摂取してください。胃酸で有効成分が壊れてしまうからです。

眠る前に飲むのをお薦めします。
睡眠中に、肌の組織の細胞が活性化されるため、美肌化をサポートすることができます。

プラセンタサプリメントを飲む時、妊娠中や授乳中の女性や医師の指導の下で病気の治療中の方は、一度医師に相談してから飲むことをお薦めします。

 

 

プラセンタサプリメントの正しい選び方

img31

 

プラセンタのサプリメントを選ぶ時には、プラセンタの原料の種類、品質、安全性について知っておくことが大切です。

 

価格面では豚プラセンタが、品質や安全性を重視すると高価なサラブレッド由来のプラセンタが人気です。
豚プラセンタでは、安全面に配慮して飼育しているSPF豚のプラセンタも脚光を浴びています。
プラセンタのサプリメントは、ネット通販の場合が多いため、各メーカーや販売会社の商品紹介のHPを良くチェックすることが大切です。

そこで、これらのプラセンタを配合したサプリメントの選び方について、まとめてみました。

 

 

プラセンタサプリの製造工程

 

プラセンタの原料の種類と、その胎盤から有効成分を抽出する方法によっても、サプリメントの効果は変わってきます。
サプリメントのメーカーまたは販売会社が公開している抽出方法の解説書等で判断します。

 

現場では、その動物が出産を終えて排出された胎盤を、即座に回収して鮮度が落ちない様に冷凍し、製造工場に送られているはずです。
排出された胎盤が、床や地面に落ちて雑菌や汚れが付着しないような配慮もされていると思います。

 

次に、冷凍保存されている胎盤から、有効成分を含むエキス(液体)を抽出する工程に移ります。
この抽出工程で有効な成分をどれだけ多く抽出するかがポイントです。

抽出方法は以前に紹介しましたが、凍結融解法や加水分解法は安価に抽出することができますが、解凍の時に有効成分が壊れやすく、高品質のサプリメントの原料としては期待できません。

 

高品質なサプリメントに使用される抽出方法は、酵素分解法や凍結酵素抽出法と呼ばれる方法です。
さらに最近では、高性能のフィルターを開発して、有効成分を低温で濾過選別する方法もあるようです。

 

 

プラセンタサプリの熱処理

 

プラセンタエキスは、ほとんどが100℃以上の高温で加熱処理を行っています。
この工程で有効な成分も一部が破壊されます。衛生的に管理された動物は、胎盤も衛生的なので加熱処理の条件が比較的穏やかであり、加熱分解の影響は少なくて済みます。

一方、不衛生な環境で回収した胎盤は、加熱処理は厳しい条件下で行われます。
すると、有効成分も多くが破壊されてしまいます。

 

一般的に、馬と豚の場合では豚の方が加熱条件が厳しく、馬の方が穏やかです。
このことは、それぞれの方法で得られるプラセンタエキスの品質は、馬の方が高品質と言えます。

 

加熱殺菌を行わずに、有効成分のみを濾過で抽出する方法もあります。(分子分画法)
ただし、フィルターの構造や精度が品質に影響するので、高い技術力が必要になります。
従って、コストも最も高額になります。

 

 

プラセンタエキスの乾燥

 

抽出工程で得られたプラセンタエキスは、水分と有効成分が混ざった状態です。
ここから水分を乾燥させて粉末にしたり、ジェル状の流動体を作ります。
従って、プラセンタエキスとしては、水が混ざった液状のもの、乾燥させて粉末にしたもの、およびジェル状になったものがあります。

 

乾燥方法は3種類です。

1.抽出後の液体を加熱して水分を蒸発させる方法
高温で長時間を要するので、有効成分や成長因子などが破壊されやすくなります。

2.スプレードライ方法
液体をスプレー状に噴射してこれに熱風を吹き付けて乾燥させる方法です。
加熱温度も比較的低く設定でき、水分も一瞬に蒸発します。
比較的栄養成分が分解されにくい方法です。

3.フリーズドライ方法
減圧下で低い温度で水分を蒸発させることができます。
食品の粉末化によく利用されています。
栄養成分や成長因子なども、分解されにくい条件です。

 

乾燥方法が公開されていると、プラセンタの品質のレベルがある程度は推測できます。

 

 

プラセンタサプリの商品化

 

以上の工程で、胎盤から抽出されたプラセンタエキスは、粉末はハードカプセルに充填したり小さな錠剤タイプに打錠したり、液体のプラセンタエキスはゼラチンカプセルに詰めたりします。

ただし、販売業者の戦略として、プラセンタ以外の美容成分をブレンドしてから充填することもあります。

ドリンクの場合は、本来のドリンクの原液に粉末を混ぜて溶解させて商品化したり、液状のプラセンタエキスを添加してブレンドすることもあります。

 

 

まとめ

 

以上を考えますと、市販されているプラセンタの商品は、まずどの動物(豚か馬か)由来のものであるか、抽出方法はどのような方法か、プラセンタの配合量や他の美容成分の配合量のチェックが必要です。
使用されているプラセンタの有効成分の表示も確認します。

 

植物性プラセンタを配合した商品も見られますが、基本的にこれらのプラセンタには重要な有効成分である成長因子(グロースファクター)が含まれていないことは知っておくべきです。