プラセンタは副作用ってあるの?

1

 

健康補助食品で摂取するプラセンタは副作用がないとはいわれていますが、豚や馬、羊などの動物の胎盤が原材料となりますので、気になりますよね。

管理人の体験談としては、代謝がUPしたり、肌の調子が良くなったり、寝起きが良くなったりとプラセンタの効果は感じましたが、副作用はまったくありませんでした。
人によっては合わない方もいて、プラセンタを飲んだことで、代謝が上がりすぎ、多汗な体質に一時的に変化したり、稀にアレルギーで痒みや発疹がでたり、吹き出物ができる方もいるそうです。

なのでアレルギーの多い方、妊婦さんや授乳中の方はプラセンタを飲み始める前に、医師または薬剤師に相談することをオススメします。

ちなみにプラセンタはサプリメントだけではありません。プラセンタ注射もあり、プラセンタ注射をすると感染症などを未然に防ぐため、献血をすることができなくなります。
注射の方がもちろん料金も高くなりますし、手軽にかつ安全にプラセンタを取り入れるならサプリメントがおすすめです。

 

プラセンタに使われる動物の安全性

サプリに使われるプラセンタの原材料となる胎盤は、人間ではなく、馬や豚などの動物の胎盤が使われています。
一昔前に狂牛病が流行したこともあり、牛の胎盤を使用したプラセンタサプリメントは、ほぼなくなりました。
現在販売されているプラセンタのほとんどが『馬』か『豚』ですので、狂牛病の副作用の心配はありません。

プラセンタには動物の違い以外にも、国産、外国産があります。

信頼性があるのは、やはり国産のプラセンタですね。徹底した衛生管理のもとプラセンタが作られていますので、安全性を求めるなら、間違いなく国産です。

 

プラセンタ注射の副作用は?

サプリメントと同様に大きな副作用の報告はありません。なので、基本的には安心してプラセンタ注射をクリニックなどで、
受けることができます。
副作用はありませんが、注射をした際に注射した部分が赤く腫れたり、堅くなったりすることもあります。

また感染症を防ぐために、献血ができなくなるなどの、デメリットもありますので、より安全にプラセンタを使いたいなら、サプリメントの方が断然おすすめです。