プラセンタを色々な角度から比較

c5ea6bcc1189b151eedff93276b408a4_s

 

プラセンタの価格で比較

価格が高いプラセンタほどイイと思っていませんか? 価格が高くないプラセンタでも、十分に健康や美容効果を得ることもできます。
大事なのは自分に合っているかどうかです。

一度試してから、本格的にプラセンタを飲み始めても遅くはありません。現在は多くのプラセンタの商品で、価格の安いお試し用がありますので、まずは体験価格で試してみるのがオススメです。

 

毎日のコストで比較

毎日高い費用が掛り、経済的にキツイと思っていませんか? 実は 1日に必要な量をたった65円で摂取することもできまが、プラセンタは豚や馬、羊の胎盤からできていますので、高級品には変わりありません。高価なものだと1日1000円以上……。
プラセンタの効果はずっと持続するわけではありありませんので、健康的な美しさを継続させる為にやはり日々の習慣とするのが理想。
その為には『経済的にムリの無いプラセンタ』を選ぶことをオススメします。ここでは1日に掛る費用で比較しています。

 

プラセンタの質で比較

プラセンタは馬や羊、豚など、種類によって含まれる美容成分が異なります。特に馬由来のプラセンタは豊富にアミノ酸を含んでいます。
また羊プラセンタは、人体への適応性に優れています。豚プラセンタも汚染・感染のないSPF認定の豚を原料としているものもあります。
美容や健康への効果で考えると、馬 >羊 >豚となります。そのため豚と馬では馬由来のプラセンタの方が高価になります。
またプラセンタの濃度にも違いがあり原液より原末の方が同じ量でも濃いため、ただ含有量が少ないからダメという訳でもありません。

 

安全面で比較

プラセンタを製品にする際に、滅菌処理で各社も万全の感染症対策を講じていますが、100%感染症がないとは言い切れません 。安全性を重視するのであれば、生産地や生産状況を少しでも具体的に公開しているメーカーのプラセンタを飲むのがオススメです。
また同じ国産豚のプラセンタを使用している場合でも、感染・汚染がないことを認定されているSPF豚などもあります。
生産地では、BSEの発症がない国のニュージーランド、家畜管理制度の厳しいデンマークも、国産に並び安全性は高いと言えます。

 

飲みやすさで比較

プラセンタ自体は特有の獣臭がありますが、各社の工夫で特に臭いや味を気にすることなく摂取することができます。
それでも毎日飲み続けるのは楽ではないですよね? なので、できるだけ飲みやすいモノを選ぶことが継続のポイントとなります。

日々飲み続けてやすいのは、やはりカプセルです。一日1粒で良いタイプもあり自分の好きなタイミングで飲むことができます。
またゼリーのデザート感覚で美味しく食べれるプラセンタもありますが、自分にあった継続できそうなタイプを選びましょう。